CSRレポートのメニューを開く

トップメッセージ

人と地球がともに豊かになる社会をめざして

三井不動産グループの社会的使命

三井不動産株式会社
代表取締役社長

菰田正信

三井不動産グループの社会的使命を端的に表現しているのが、「都市に豊かさと潤いを」というグループ・ステートメントです。その使命を実現するために、私たちは「(アンド)」マークの理念を掲げています。「共生・共存」「多様な価値観の連繋」を図りながら、社会・経済の発展と地球環境の保全に貢献していくという考え方です。

これは私たちの「街づくり」に関わる理念であり、その方向性をより具体的に表しているのが、グループ・ビジョンに掲げる「&EARTH」です。ここには、三井不動産グループの街づくりが常に人と地球とともにあり、「人と地球がともに豊かになる社会」をめざすことが私たちの務めであるという思いが込められています。

そして、これらの理念のもと、私たちは「環境」「品質」「新たな価値・市場創造にチャレンジ」の3つのCSRテーマを設定するとともに、さまざまな社会貢献活動にも積極的に取り組んでいます。

スマートシティのさらなる進化とスポーツの力を活用した街づくり

私たち三井不動産グループは、2015年度に中期経営計画「イノベーション2017 ステージⅡ」を策定しました。10年後に「市場を創造しながら成長を続けるリーディングカンパニーであるとともに、グローバルカンパニーとしての地位を確立する」ことをめざし、不変の経営戦略である「顧客志向の経営」「ビジネスモデルの革新」「グループ経営の進化」の3つのストラテジーの実践による価値創造に取り組んでいます。

「日本橋再生計画」「柏の葉スマートシティ」などの「街づくりの推進」は、先の「イノベーション2017」でも主要な取り組みの1つでしたが、その中核を成すのが「スマートシティ」の取り組みです。三井不動産グループの考える「スマートシティ」は、エネルギー問題のみならず、安全・安心、健康長寿、少子高齢化、産業創造など人類が直面する幅広い課題の解決をめざすもので、民間事業であると同時に社会貢献としての意義も大きいものです。

「イノベーション2017 ステージⅡ」においては、そのスマートシティへの取り組みをさらに進化させることに注力しています。「ビジネスとくらしのソリューションパートナー」として、多彩な用途・機能の複合(ミクストユース化)や、空間というハードの提供だけでなく、より便利に楽しく快適に過ごすためのソフト・サービスの提供(ハードとソフトの融合)を一層進めることで、「街の価値の最大化」を実現できると考えています。

また、三井不動産は、東京 2020 ゴールド街づくりパートナーとして2020年のオリンピック・パラリンピック開催に向けて機運醸成を図っています。スポーツには「する」「観る」「支える」などの活動を通じて、暮らす人々や働く人々、憩う人々の心身を健康にするだけでなく、新しいつながりを生みだし、コミュニティを活性化する力があります。私たちは、スポーツを経年優化の魅力的な街をつくる上で重要な要素と捉え、「スポーツの力」も活用した街づくりを推進していきます。

地球環境保全と地域社会貢献への継続的な取り組み

三井不動産グループは、街づくりという本業を通じて社会に貢献するとともに、「社会貢献活動方針」に基づき、「地球環境」「地域社会」「文化・教育」「国際交流」の4分野を中心とする社会貢献活動にも取り組んでいます。

地球環境保全への取り組みとしては、北海道に保有している約5,000haの森林を三井不動産グループで適正に維持・管理するとともに、従業員の環境意識を高めるための植林研修も実施しています。さらに、維持・管理の過程で生じる間伐材等を住宅事業などの本業にも活用し、「国産材の活用」「生物多様性の保全」「CO2の長期吸収・固定」等にも寄与しています。

また、東日本大震災の復興支援に関しても、経団連の震災復興特別委員会委員長会社として積極的に取り組んでいます。従業員が被災地を訪問して復興支援活動や地域住民との交流を行うCSR研修を定期的に実施するとともに、継続的な東北復興支援のために開設した情報発信・交流拠点「わたす 日本橋」は1周年を迎え、東北と東京の橋渡しとしての機能を拡充する等、当社ならではのリソースを活用した社会貢献を実現しています。

人と地球がともに豊かになる街づくりを

三井不動産グループは、創立から70年を超える街づくりの歴史の中で、常に時代の変化を先取りし、社会課題の解決に向けてイノベーティブに取り組んできました。現在積極的に進めている物流施設事業やベンチャー支援等を通じた新規事業なども、三井不動産グループのDNAともいうべきチャレンジ精神に基づく、新たな価値・市場創造の取り組みにほかなりません。2016年度には、再生計画が進む日本橋エリアを、「ライフサイエンス・イノベーション推進事業」の拠点として整備、アカデミア有志とともに設立したLINK-J(ライフサイエンス・イノベーション・ネットワーク・ジャパン)を設立するなど、産・官・学連携によるオープン・イノベーションの促進、新産業創造支援の活動を本格化させています。「柏の葉スマートシティ」も国際的なイノベーション拠点としての存在感が増しています。私たちはこれからも「&EARTH」の理念にのっとり、「人と地球がともに豊かになる社会」の実現をめざしてまいる所存です。

社内においては、「意識改革」・「インフラ整備」・「組織単位での業務改革」を三本柱として「働き方変革」に取り組み、従業員がライフステージの変化に応じて多様な働き方ができるように環境を整備してまいります。

また、コーポレート・ガバナンス、リスクマネジメント、コンプライアンスについても、事業活動や社会貢献活動の重要な基盤として引き続き内部管理態勢の強化・徹底に努め、企業の社会的責任を果たしてまいります

本報告書『&EARTH REPORT』では、2016年度を中心に多方面にわたる社会・環境への取り組みについて報告しています。これらの報告を通じて、皆さまには三井不動産グループの活動に対するご理解をいただくとともに、今後とも変わらぬご支援、また忌憚のないご意見を賜りますようお願い申しあげます。

過去のニュースリリースを見る閉じる・●○■.※*横にスクロール→