ニュースリリース
2001

※ニュースリリースに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

  • CSR
  • オフィスビル

三井不動産 ECO NEWS <関係会社編>
三井不動産グル−プのビルメンテナンス会社
第一整備が「ISO14001(環境マネジメントシステム)」認証取得

平成13年8月27日 三井不動産株式会社、
第一整備株式会社

 三井不動産グループのビルメンテナンス会社である第一整備株式会社は、今般、財団法人日本品質保証機構(JQA)から環境マネジメントシステムの国際標準規格である「ISO14001」の認証(登録番号JQA−EM1701:平成13年8月3日付)を取得いたしました。

 同社では、ビルメンテナンス業を通じて安全で快適な空間提供を行うため、既に品質マネジメントシステムの国際標準規格である「ISO9002」について、霞が関ビルを含む都内主要ビル7棟の清掃管理業務(平成10年11月取得。現在範囲を11棟へ拡大。)をはじめ、以後3棟の設備管理業務や同社子会社である(株)ディス千葉、(株)ディス横浜などでも取得をしてきており、お客様に対する品質の確保および向上活動を各現場レベルから鋭意進めておりました。

 環境マネジメントシステムの認証取得は、同様の趣旨のもと、「環境との共生」という観点から、先ず同社の本社にて進めていたものであり、これを契機に今後本社において自ら実施する廃棄物やコピー紙等の使用資源、電力等のエネルギー資源削減から始まり、環境汚染防止に寄与するとともに環境負荷の低い資機材(清掃点検機材、ユニフォーム、薬品・洗剤等)の採用や、クライアントへの使用エネルギー削減提案等を更に進めていくこととなりますが、 引き続いて、順次現場レベルにも範囲を拡大していく方針です。

 なお、ビルメンテナンス業界においては、環境マネジメントシステムの認証取得もさることながら、品質マネジメントシステムと環境マネジメントシステム双方の認証を取得した会社はまだ非常に少ない状況にあります。(平成13年8月現在、双方の認証取得をしている会社は同社含め5社。ビルメン協会調べ。)

 三井不動産グループでは、グループの中期経営計画のなかで、経営の基本姿勢のひとつとして「環境との共生」を掲げ、三井不動産におけるマンション事業での「エコ仕様」標準化や、オフィスごみ分別回収システムとOA紙リサイクルループの構築等はじめ、グループ全体で様々な取り組みを行っております。同社における今般の認証取得は、まさに、これら一連の取り組みのひとつの成果であるといえます。

 同社は、今般の認証取得を契機に、ハイクオリティのサービス提供はもちろんのこと、今後さらに環境汚染の防止や環境負荷の軽減を図りながら、引き続きお客様に満足いただけるサービスの提供を目指します。

 三井不動産グループは、グループビジョンにある、「&」マークの理念のもと、「環境保全」と「都市創造」を「共生・共存」させ、「豊かで潤いのある都市環境」を創造していくことで、今後とも「環境との共生」に引き続き積極的に取り組んでまいる所存です。

以上

【第一整備株式会社概要】

所在地 東京都台東区蔵前4丁目2番7号
資本金 126,000千円
代表取締役社長 西川 勉
従業員数 2,751名(平成13年7月末日現在)
管理棟数 297棟(平成13年3月末日現在)
設立年月日 昭和32年12月18日
出資 三井不動産100%
 

ページの先頭へ