2017年

※ニュースリリースに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

  • オフィス
  • イベント

新しい働き方を実現するためのソリューション「WORKSTYLING」で新たな試み
『子どもと隣ではたらくプロジェクト』
~こどもの長期休暇中、親子一緒の通勤・ランチの実現にチャレンジします~

2017年8月16日
三井不動産株式会社

三井不動産株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:菰田正信)は、小学校の夏休み期間中である8月23日(水)・24日(木)の2日間、三井不動産が展開する法人向け多拠点型シェアオフィス WORKSTYLING汐留にて、WORKSTYLING会員およびそのお子様(小学生)を対象とし『子どもと隣ではたらくプロジェクト』を開催します。本プロジェクトは、新しい働き方の実現に貢献することを目的とし、三井不動産と株式会社ポピンズが共同で初めて開催するものです。WORKSTYLING汐留では、通常通りWORKSTYLING会員が業務に集中できる環境をご用意しながら、大人とは別空間として「子どもルーム」を用意し、お子様に向けたプログラムを開催します。業務に集中しながら、仕事の合間に子どもとの時間を過ごすこともできるという新しい働き方のご提案につなげていきたいと考えています。

『子どもと隣ではたらくプロジェクト』実施概要

※プログラムなど一部情報については変更になる可能性あり

日時 2017 年8 月23 日(水)・ 8 月24 日(木) 各日 8:30~19:00 (8:00受付開始)
会場 WORKSTYLING汐留内(汐留シティセンター2階)
対象 WORKSTYLING会員様およびそのお子様(小学生)
参加費 大人;通常のWORKSTYLING利用料
子ども;子どもルーム利用料2,000 円(消費税等別途)/1日
プログラム概要 クラフト体験(ステンドグラス・砂絵づくり等)、夏休みの宿題解決、WORKSTYLING契約企業による提供プログラム(資生堂ジャパンによる、「正しい洗顔/日やけ予防セミナー」)等
<想定利用シーン>
  • 子供の長期休暇中にこそ、平日ランチタイムを親子一緒に過ごす
  • 夏休みの最後の時間を過ごす小学生が、様々なプログラムを体験し学童以外の思い出づくりをする
  • 親御様の目の届く場所で宿題の追い込み、自由研究の悩み解決

子育てをしながら働く親御様からは、「子どもと過ごせる時間が少ない」「長期休暇中こそもっと子どもの様子を見てあげたい」といった意見が聞かれます。また夏休みの宿題も親の悩みのひとつです。今ある子ども「or」仕事の働き方から、子ども「&」仕事という新しい働き方の選択肢を提供することで、より多様なライフスタイル、ライフステージに合った働き方を提案します。今回のプロジェクトにおける参加者の感想等を検証し、次の長期休暇での更なる発展と今後のサービス導入につき検討をしてまいります。

本プロジェクトは、仕事だけでなく、家事や育児も大切にしたい『三井のオフィス』の利用者に、新しい「オフィススタイル」を提供する「Work-Life Bridge」メンバーが提案する、「WORKSTYLING」を活用した企画です。三井不動産は「その先の、オフィスへ」というステートメントのもと「新しい時代にふさわしい働く場」の創出に取り組んできたノウハウを活かし、これからも働き方改革に資する取り組みを推進してまいります。


クリックすると拡大します

株式会社ポピンズ

お子様をお預かりさせていただくのはベビーシッター業界で30年の実績を持つポピンズナニーサービスです。1987年3月に設立し、現在では全国177ヶ所の保育教育施設を運営しております。業界で初めてISO9001を取得し、国際規格で認められた品質で安心のサービスを提供しております。

また、臨時託児サービスは、1990年に大阪で行われた『国際花と緑の博覧会』にて初めて運営し、以来多くの企業様からのセミナー、学会、パーティ、コンサートの際の一時期的な託児サービスのご要望にお応えしております。現在では年間500件のご依頼を承っております。

お世話にお伺いするナニー(教育ベビーシッター)は、採用時研修はもちろんのこと、定期的な研修を受講しております。当日は弊社運営の保育園・学童で働いている現場保育士・児童指導員等もお伺いいたします。制作活動を行ったり、夏休みの宿題タイムを設けたりしながら、充実した1日が過ごせるよう、様々なプログラムをご提供いたします。

「Work-Life Bridge」プロジェクト

今回は、三井不動産のオフィスビル事業における女性メンバーを中心に構成した「Work-Life Bridge」プロジェクトメンバーのうち、自身も小学生の子供を持つママメンバーの思いから提案、実施に至りました。

「Work-Life Bridge」プロジェクトは、仕事だけでなく、家事や育児などをはじめとしたライフも大切にしたい、『三井のオフィス』のオフィスワーカーに、単に働く場としてだけではなく、新しい「生活の場」 としての「オフィス」を提案し、“Work”と“Life”の架け橋となり、ライフスタイル向上に寄与することを目指しています。

<これまでの「Work-Life Bridge」の活動>


小学校の長期休み中の学童サービス

Work-Life Bridge×Oisix
時短料理キット販売イベント

WORKSTYLINGチェンジルーム

法人向け多拠点型シェアオフィス 「WORKSTYLING」

三井不動産は、企業の持つ生産性の向上や多様な人材の活用(ダイバーシティ&インクルージョン)、長時間労働の是正などの課題に対応する法人向け多拠点型シェアオフィス「WORKSTYLING」を通じ、働く場に関する新たなソリューションの提供を行っています。東京都心、地方主要都市、都内近郊で現在18拠点を開設しており、2017年度中に日本国内の主要エリア約30か所の拠点展開を目指します。


WORKSTYLING品川

WORKSTYLING八重洲

WORKSTYLING新宿

WORKSTYLING大崎

WORKSTYLING渋谷

WORKSTYLING霞が関

汐留シティセンター位置図

三井不動産における「働き方改革」の取り組み

三井不動産株式会社では、多様な価値観・才能を持った人材が活躍する組織を目指しており、また、一人ひとりがライフステージに応じた働き方を選択でき、個々の経験を活かし、能力を最大限発揮することが、当社の持続的な発展に不可欠であると考えています。

当社では、このような目標の実現に向け多様な人材が活躍出来る土台作りとして、働き方改革を進めています。2016年4月には、それまでの様々な取り組みを集約し、推進するために「働き方企画推進室」を設置しました。限りある業務時間の中で「働き方の質」を高める意識改革とそれをサポートする各種制度・職場環境整備により、高い価値創造実現を目指しています。

http://www.mitsuifudosan.co.jp/corporate/hrm/change.html

『三井のオフィス』へお勤めの方向け会員制WEBサイト「COMMONS PAGE」では上記プロジェクト詳細の他、『三井のオフィス』のビジネスパーソンへ向けた様々な情報やサービスを提供しています。

https://commons-web.jp/

もっと三井不動産を知る

  • mitsui fudosan story
  • 数字でみる三井不動産
  • 歴史からみる三井不動産

PDFファイルをご覧いただくには "Adobe Reader"が必要です。
最新版はAdobe社のWebサイトより無料でダウンロードできます。