2017年

※ニュースリリースに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

  • スポーツ
  • イベント

「スポーツの力」を活用した街づくり
第11回「三井不動産スポーツアカデミー for TOKYO 2020」
~東京2020オリンピック・パラリンピックムーブメント~
「サッカーアカデミー × 株式会社 明治 Presents 食育セミナー」開催決定!

2017年8月21日
三井不動産株式会社
三井不動産レジデンシャル株式会社

三井不動産株式会社(本社:東京都中央区 代表取締役社長:菰田正信)と三井不動産レジデンシャル株式会社(本社:東京都中央区 代表取締役社長:藤林清隆)は、「三井不動産スポーツアカデミー for TOKYO 2020」~東京2020オリンピック・パラリンピックムーブメント~(以下「三井不動産スポーツアカデミー for TOKYO 2020」)を2017年9月3日(日)に開催します。

「三井不動産スポーツアカデミー for TOKYO 2020」とは、東京2020ゴールド街づくりパートナーの三井不動産が主催し、公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会(以下、東京2020組織委員会)の協力のもと実施するスポーツ教室です。講師に一流のアスリートを招待し、オリンピック・パラリンピック種目の競技紹介や体験会を実施しています。

第11回は、当社が再開発を進める豊洲エリアに位置するMIFA Football Park(豊洲)で開催します。講師として、アテネ2004オリンピック予選に出場した鈴木啓太さんとアテネ2004オリンピック、北京2008オリンピックに出場した丸山桂里奈さんを迎え、サッカーアカデミーを行います。当社が街づくりを進めるエリアで開催することで、街のコミュニティの活性化を図るとともに、東京2020オリンピック・パラリンピックの機運醸成に貢献してまいります。

講師プロフィール


鈴木啓太さん
2000年~2015年まで浦和レッドダイヤモンズに所属。日本代表としても活躍し、MFとして国際Aマッチに28試合出場。アテネ2004オリンピック予選、U-23日本代表。

丸山桂里奈さん
FWとしてアテネ2004オリンピック、北京2008オリンピック、FIFA女子W杯など数多くの世界大会で活躍。2005年Lリーグ(現なでしこリーグ)新人王。

第11回:サッカーアカデミーの概要

名称 第11回「三井不動産スポーツアカデミー for TOKYO 2020」 サッカーアカデミー × 株式会社 明治 Presents 食育セミナー
日時 2017年9月3日(日) 10:00~16:30
第1部/10:00-12:30 
サッカー教室と株式会社 明治による子供向け食育セミナー
第2部/14:00-16:30
サッカー教室と株式会社 明治による子供向け食育セミナー
対象 4歳~小学6年生までの男女
人数 約120名(各回約60名)
参加費 無料
会場 MIFA Football Park(豊洲)
講師 スポーツアカデミー/鈴木啓太さん(第1部)、丸山桂里奈さん(第2部)
食育セミナー/株式会社 明治
主催 三井不動産株式会社
協力 公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会、株式会社 明治
後援 公益財団法人日本オリンピック委員会(JOC)、公益財団法人日本障がい者スポーツ協会 日本パラリンピック委員会(JPC)、東京都、スポーツ庁
特別協賛 三井不動産レジデンシャル株式会社

スポーツと同様に心身の健康を保つために「食」の大切さについても知っていただきたいという思いから、同じく東京2020オリンピック・パラリンピックのゴールドパートナー(乳製品・菓子)である、株式会社 明治様にご協力いただき、「食育セミナー」を併せて実施します。株式会社 明治様とのコラボレーションイベントは今回2回目となります。今年7月に開催したウィルチェアーラグビーアカデミー開催時のコラボレーションイベントでは、都内小学校の授業の一環として食育セミナーを開催しました。


(参考)食育セミナーの様子

三井不動産は「三井不動産スポーツアカデミー for TOKYO 2020」を、五街道の起点でもある日本橋から東京・湾岸エリア、当社が街づくりを進めるエリアの小中学校、加えて当社が運営する「東京ミッドタウン」や「ららぽーと」、「三井アウトレットパーク」など全国の商業施設で開催していく予定です。一流アスリートと直接触れ合う体験を通して、地域に住む子供たちをはじめ、多くの人たちをつなぎ、街のコミュニティを活性化させ、それをレガシーとして未来に承継していきたいと考えています。

これまで開催した「三井不動産スポーツアカデミー for TOKYO 2020」の様子(参考)


(参考)開校式

(参考)開校式

(参考)第2回/バドミントンアカデミー

(参考)第5回/陸上アカデミー

(参考)第7回/クライミングアカデミー

(参考)第8回/ウィルチェアーラグビーアカデミー

三井不動産の「スポーツの力」を活用した街づくりの考え方

スポーツには「する」「観る」「支える」などの活動を通じて、暮らす人々や働く人々、憩う人々の心身を健康にするだけでなく、新しいつながりを生みだし、コミュニティを活性化する力があります。当社は、スポーツを経年優化の魅力的な街をつくる上で重要な要素と捉え、「スポーツの力」を活用した街づくりを推進していきます。

また、当社は東京2020ゴールド街づくりパートナーとして、「BE THE CHANGE さぁ、街から世界を変えよう。」というスローガンを掲げ、「発信する」「つなぐ」「受け入れる」というテーマのもと、自らが変化となり、街づくりを起点に、人や地域や社会にいい変化をつくりだし、変えていくことを目指していきます。

プロジェクト一覧
2015年 10月 日本橋シティドレッシング(日本橋エリア)
2016年 1~3月 三井不動産 Ice Rink in Tokyo Midtown(東京ミッドタウン)
4月 三井不動産スポーツアカデミー for TOKYO 2020
[開校式&第1回/体操アカデミー・ウィルチェアーラグビーアカデミー](日本橋三井ホール)
8月 三井不動産スポーツアカデミー for TOKYO 2020
[第2回/バドミントンアカデミー](三井ショッピングパーク アーバンドック ららぽーと豊洲)
8月 三井不動産 Presents 六本木シティドレッシング for TOKYO 2020(東京ミッドタウン)
8月 Challenge Park by 三井不動産(三井ショッピングパーク アーバンドック ららぽーと豊洲)
9月 日本橋シティドレッシング for TOKYO 2020(日本橋エリア)
10月 三井不動産スポーツアカデミー for TOKYO 2020
[第3回/クライミングアカデミー] (日本橋三井ホール)
11月 三井不動産スポーツアカデミー for TOKYO 2020
[第4回/体操アカデミー](品川区立御殿山小学校)
11月 三井不動産スポーツアカデミー for TOKYO 2020
[第5回/陸上アカデミー](中央区立豊海小学校)
11月 三井不動産チャレンジスタジアム~ for TOKYO 2020 パラリンピック応援イベント~(三井ショッピングパーク アーバンドック ららぽーと豊洲)
2017年 1~3月 三井不動産アイスリンクfor TOKYO 2020(東京ミッドタウン)
1月・2月 三井不動産スポーツアカデミー for TOKYO 2020
[第6回/アイススケートアカデミー](東京ミッドタウン)
5月 三井不動産クライミングパーク for TOKYO 2020(三井ショッピングパーク アーバンドック ららぽーと豊洲)
5月 三井不動産スポーツアカデミー for TOKYO 2020
[第7回/クライミングアカデミー](三井ショッピングパーク アーバンドック ららぽーと豊洲)
7月 三井不動産スポーツアカデミー for TOKYO 2020
[第8回/ウィルチェアーラグビーアカデミー] (中央区立城東小学校)
7月 三井不動産スポーツアカデミー for TOKYO 2020
[第9回/体操アカデミー] (品川区立日野学園)
8月 三井不動産スポーツアカデミー for TOKYO 2020
[第10回/バスケットボールアカデミー] (片柳アリーナ)
9月 三井不動産スポーツアカデミー for TOKYO 2020
[第11回/サッカーアカデミー × 株式会社 明治 Presents 食育セミナー]  (MIFA Football Park豊洲)
  • 太字は東京2020公認プログラムです。

三井不動産の2020年に向けたスローガン

一人ひとりが変化そのものになろうという意味の「BE THE CHANGE」のロゴは、世界を変える「風」をモチーフにデザインされました。三井不動産のコーポレートカラーの二色で塗り分けられたエレメントは、「風に乗って飛び立つ鳥」をイメージしています。2020年とその先に向けて「人が変われば、世界は変わる」という思いから、掲げたスローガンです。

三井不動産は、不動産開発におけるゴールド街づくりパートナーとして、東京2020オリンピックを応援しています。
三井不動産レジデンシャルは三井不動産のグループ会社です。

もっと三井不動産を知る

  • mitsui fudosan story
  • 数字でみる三井不動産
  • 歴史からみる三井不動産

PDFファイルをご覧いただくには "Adobe Reader"が必要です。
最新版はAdobe社のWebサイトより無料でダウンロードできます。