2018年

※ニュースリリースに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

  • CSR
  • ショッピングセンター
  • イベント

三井不動産グループの環境推進・社会貢献活動
『第19回・&EARTH 衣料支援プロジェクト~あなたの服で世界に笑顔を~』
本プロジェクト開始から10周年、全国の25商業施設にて5月12日(土)より実施

2018年4月12日
三井不動産株式会社

三井不動産株式会社と三井不動産商業マネジメント株式会社は、『第19回・&EARTH 衣料支援プロジェクト~あなたの服で世界に笑顔を~』を、当社グループが運営する全国の25商業施設にて、5月12日(土)より、全7日間実施いたします。

本プロジェクトは、ご家庭で不用となった衣料品を集め、NPO法人「日本救援衣料センター」を通じて世界各国の難民や被災者の方々へ寄贈する活動です。2008年12月より春と秋の年2回実施しており、今年で10周年を迎えます。第18回までの累計実績は、参加者85,651名、寄贈衣料約446トンになりました。

2015年に、国連で持続可能な社会の実現に向けた国際統一目標である「SDGs(持続可能な開発目標)」が採択され、2017年11月に経団連の企業行動憲章も改定されました。衣料支援プロジェクトを通じて紛争や災害により貧困などの問題に直面している方々へ支援をする一方、地球規模で改善すべき問題を共有し未来を変えるきっかけを提供してまいります。 

国連で難民支援を行なう「国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)」によると、紛争や貧困など人道危機により、支援が必要な人々は約6,700万人といわれています。着るものに不自由している方も数多く、NPO法人「日本救援衣料センター」の衣料支援実績は、2015年以降、年間千トンを超えています。

三井不動産グループは、グループ社員からボランティアを募り、本プロジェクトの運営を行っています。また、寄贈衣料品の輸送費をNPO法人「日本救援衣料センター」へ寄付しています。

また、本プロジェクトの開催に併せ、『&EARTH×SOLTILO FAMILIA SOCCER SCHOOL サッカー支援プロジェクト』や、『国連難民支援キャンペーン』、『ユニセフ・マンスリーサポーター募集キャンペーン』の開催も予定しています。

当社グループの商業施設では、「Growing Together」の事業理念に基づき、地域のお客さまとともに成長し、ともに豊かになる社会をめざして、持続可能な環境推進・社会貢献活動を続けてまいります。 


2017年10月・11月(第18回)実施時の様子

実施施設・同時開催イベント一覧

                                                       
日程 実施施設 お客さま
お問い合わせ先
同時開催イベント
サッカー
支援
国連
難民支援
ユニセフ
5/12
(土)
三井ショッピングパーク
ららぽーと和泉(大阪府和泉市)
0725-51-3511    
三井ショッピングパーク
ララガーデン長町(宮城県仙台市)
022-399-7700    
三井アウトレットパーク
多摩南大沢(東京都八王子市)
042-670-5777    
三井アウトレットパーク
横浜ベイサイド(神奈川県横浜市)
045-775-4446    
5/13
(日)
三井ショッピングパーク
ララガーデン春日部(埼玉県春日部市)
048-731-6711    
三井アウトレットパーク
大阪鶴見(大阪府大阪市)
06-6915-3939    
5/19
(土)
三井ショッピングパーク
ららぽーと富士見(埼玉県富士見市)
049-257-5100  
三井ショッピングパーク
ららぽーと湘南平塚(神奈川県平塚市)
0463-73-8300    
三井ショッピングパーク
アルカキット錦糸町(東京都墨田区)
03-3829-5656    
三井アウトレットパーク
マリンピア神戸(兵庫県神戸市)
078-709-4466    
5/20
(日)
三井ショッピングパーク
ラゾーナ川崎プラザ(神奈川県川崎市)
044-874-8000  
三井ショッピングパーク
ららぽーと柏の葉(千葉県柏市)
04-7168-1588    
三井ショッピングパーク
ららぽーと甲子園(兵庫県西宮市)
0798-44-4321    
5/26
(土)
三井ショッピングパーク
ららぽーとTOKYO-BAY(千葉県船橋市)
047-433-9800  
三井ショッピングパーク
ららぽーと横浜(神奈川県横浜市)
045-931-1000    
三井ショッピングパーク
ららぽーとEXPOCITY(大阪府吹田市)
06-6170-5590  
三井ショッピングパーク
ララガーデン川口(埼玉県川口市)
048-250-1600    
5/27
(日)
三井ショッピングパーク
ららぽーと新三郷(埼玉県三郷市)
048-950-1515    
三井ショッピングパーク
アーバンドック ららぽーと豊洲(東京都江東区)
03-6910-1234  
三井ショッピングパーク
ららぽーと海老名(神奈川県海老名市)
046-234-1100    
三井アウトレットパーク
倉敷(岡山県倉敷市)
086-423-6500    
6/2
(土)
三井ショッピングパーク
ららぽーと立川立飛(東京都立川市)
042-595-9393    
三井ショッピングパーク
ららぽーと磐田(静岡県磐田市)
0538-59-0100    
三井ショッピングパーク
アルパーク(広島県広島市)
082-501-1000      
三井ショッピングパークアーバン
コレド室町(東京都中央区)
03-3272-4801    

『第19回・&EARTH 衣料支援プロジェクト ~あなたの服で世界に笑顔を~』

  • 受付時間  10:00~16:00
  • 対象品
    <新品>
    タオル、シーツ、タオルケット、靴下、タイツ、ストッキング、パジャマ、下着

    <新品または洗濯済みでシミや傷のない品>
    Tシャツ、シャツ(ワイシャツ含む)、ブラウス、ポロシャツ、ズボン、ジーンズ類、カーディガン、トレーナー、セーター、ジャンパー、コート、毛布、子供服(サイズ80cm以上の上下セパレート型)
  • 対象外・留意事項
    • スーツ、ジャケット、スカート、ワンピース、和服、ベビー服、布団、小物類(ネクタイ・ベルト・帽子・手袋・マフラー)、衣類以外の物(靴・鞄・文具・雑貨など)は受け付けておりません。
    • 郵送での受付は固くお断りしております。
    • 受付後の衣料の返品などはいたしかねますのでご了承ください。
  • 寄贈先
    寄贈先は各国の赤十字、NGO団体、国連難民高等弁務官事務所、世界銀行などからの現地情報によりNPO法人「日本救援衣料センター」にて決定し実施します。実績の詳細については「日本救援衣料センター」(http://www.jrcc.or.jp/)HPにてご確認いただけます。

実績

回数 実施年月日 実施施設数 参加者(名) 寄贈衣料(kg) 会場での募金(円) 社員ボランティア(名)
第1回~
第12回
2008年12月~
2014年11月
165 43,583 232,941 3,494,072 1,434
第13回 2015年5・6月 18 6,533 37,062 358,069 172
第14回 2015年11月 21 6,470 34,806 381,234 162
第15回 2016年5月 20 6,055 33,581 316,544 184
第16回 2016年10・11月 24 7,132 36,929 389,935 158
第17回 2017年5・6月 23 8,315 39,135 412,084 166
第18回 2017年10・11月 25 7,563 31,913 292,354 128
累計 - 85,651 446,367 5,644,292 2,404

『&EARTH×SOLTILO FAMILIA SOCCER SCHOOL サッカー支援プロジェクト』概要

プロサッカー選手である本田圭佑氏がプロデュースする「SOLTILO FAMILIA SOCCER SCHOOL」と三井不動産・三井不動産商業マネジメントが連携し、皆様の使わなくなったサッカー用品を回収し、NPO法人「日本救援衣料センター」を通じて、海外の子供たちに寄付する活動です。ららぽーと豊洲・富士見・TOKYO-BAY・EXPOCITYとラゾーナ川崎プラザの5か所の商業施設で同時開催します。

サッカー支援プロジェクトHP  http://www.mitsuifudosan.co.jp/and_earth/shopping/soccer/

                   

『国連難民支援キャンペーン』概要

UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)の公式支援窓口である国連UNHCR協会が、UNHCRの難民援助活動を支えるために行っているキャンペーンです。キャンペーンでは、世界約125ヵ国で難民援助を行うUNHCR の活動や支援状況をご説明し、毎月の継続的な支援プログラム「毎月倶楽部」をご紹介しています。

国連UNHCR協会 http://www.japanforunhcr.org/

 

『ユニセフ・マンスリーサポーター募集キャンペーン』概要

ユニセフが世界150以上の国と地域で実施する、子どもの命と成長を支えるための活動をご紹介し、月々の継続的な募金プログラム「ユニセフ・マンスリーサポート・プログラム」の参加者を募集するキャンペーンです。キャンペーンブースでは、支援物資や写真パネルの展示のほか、難民キャンプ生活のバーチャルリアリティ体験なども行います。

公益財団法人日本ユニセフ協会 http://www.unicef.or.jp/

 

「&EARTH」の理念

三井不動産グループでは、グループのロゴマークである「and」マークに象徴される「共生・共存」「多様な価値観の連繋」のもと、グループビジョンに「andEARTH」を掲げ、社会・経済の発展と地球環境の保全に貢献しています。

andEARTH」は、三井不動産グループの街づくりが常に地球と共にあることを認識し、人と地球がともに豊かになる社会をめざしていることを表しています。

SDGsへの貢献

2015年に国連で採択された「SDGs:持続可能な開発目標」の17の目標(ゴールズ)についても、「andEARTH」の理念に基づき、当社の街づくりや事業活動を通じ様々な主体と連携しながら、これらの目標達成に貢献していきます。

本プロジェクトではSDGs 1・4・10・12・13・17の目標の進捗を目的として活動しています。

<SDGs目標>

目標1 あらゆる場所のあらゆる形態の貧困を終わらせる。
目標4 すべての人に包摂的かつ公正な質の高い教育を確保し、生涯学習の機会を促進する。
目標10 各国内及び各国間の不平等を是正する。
目標12 持続可能な生産消費形態を確保する。
目標13 気候変動及びその影響を軽減するための緊急対策を講じる。
目標17 持続可能な開発のための実施手段を強化し、グローバル・パートナーシップを活性化する。

注)「SDGs」とは、2015年9月に国連のミレニアムサミットにて全会一致で採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」中で合意された2030年を期限とする先進国を含む国際社会全体のすべての関係者が統合的に取り組むべき 包括的な17の目標。(Sustainable Development Goals)

もっと三井不動産を知る

  • mitsui fudosan story
  • 数字でみる三井不動産
  • 歴史からみる三井不動産

PDFファイルをご覧いただくには "Adobe Reader"が必要です。
最新版はAdobe社のWebサイトより無料でダウンロードできます。