相続対策 相続対策とは「家族と財産の将来」を考えることです。ご家族と、そして私たちと一緒に、相続を考えてみませんか? 広い自宅敷地。相続のことを考えると何か対策したほうがいいのだろうか? 老朽化した賃貸アパート。私が死んだらどうやって子供たちに分ければいいのだろう? 一人暮らしする母のすまい、相続税がかかるかも知れない・・・。

相続について、考えたことはありますか?

相続について考えることには、ふたつの側面があります。
ひとつは、「家族」について考えるということ。
共に長い年月を過ごした家族に、何を残してあげられるか。
残された家族の未来が、できるだけ幸せであるように考えることでもあります。
そして、もうひとつは、「財産」について考えるということ。
先代から受け継ぎ、そして自らも蓄積してきた財産を
どのような形や方法で残すか。
もちろん、税金や法律についても、知らなくてはいけません。
言いかえれば相続は、「家族」と「財産」の将来について考えることなのです。
だからこそ、ご家族と、そして私たちと一緒に、相続を考えてみませんか?

  • 自分が死んだら相続税がかかるか、いくらぐらいかかるか知っている。
  • 相続や遺産分割について、家族で話し合ったことがある。
  • 自分の(または親の)所有する財産の内容を把握できている。
  • 相続税の納税について、ある程度のめどは立っている。
  • 配偶者が亡くなったあとどのように暮らすか、具体的なプランがある。
  • 二次相続の大変さをよく理解している。

相続が起こったら・・・。レッツプラザとともに考えてみましょう。

Check:1 「相続人」を把握する Check:2 「基礎控除」などを把握する Check:3 「相続税評価額」を把握する Check:4 「相続発生後に必要な手続き」を把握する

Check:1 「相続人」を把握する

相続が発生すると、亡くなった方が「被相続人」、遺された財産を受け取る方が「相続人」となります。一般的には、配偶者と子供が相続人になりますが、ご家族の状況により相続人の範囲や「法定相続分」が異なってきます。

詳細はこちら

Check:2 「基礎控除」などを把握する

相続する財産が「基礎控除額」に満たない場合、相続税は課税されません。基礎控除額は「法定相続人」の数に応じて決められています。また、配偶者や未成年が取得する場合などには、様々な税額軽減措置が認められます。

詳細はこちら

Check:3 「相続税評価額」を把握する

相続税の課税対象となる財産は、原則、時価を「相続税評価額」として計算されます。時価の計算方法は、現金や株式、不動産などの財産の種類により異なります。特に不動産は、その用途により評価減等の特例を受けることができます。

詳細はこちら

Check:4 「相続発生後に必要な手続き」を把握する

相続発生後の手続きで最も重要なのは「遺産分割協議」です。
相続税の申告・納税期限である10か月以内に遺産分割協議がまとまらない場合には、様々な税額軽減措置が受けられない場合があるので注意が必要です。

詳細はこちら

相続税簡易試算表ダウンロード

ページの先頭へ

レッツプラザにお気軽にご相談ください。ご相談は無料です。

0120-81-3102(はい 三井のレッツです)<土・日・祝日を除く午前9時30分~午後5時>

HPからのご相談はこちら HPからのご相談はこちら