「日本橋シティドレッシング for TOKYO 2020」スタート!
~「WE MAKE 2020」 みんなでつくる東京2020大会~
日本橋の街から東京2020大会を盛り上げる!
2017年10月28日(土)~11月29(水)

東京2020オリンピックまで1000日前となる10月28日(土)より、三井不動産ゆかりの地である日本橋にて、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会(以下、東京2020大会)エンブレムや日本代表選手の肖像を用いて大規模な装飾を繰り広げるイベント「シティドレッシング」(大型グラフィック等を提出して街全体を装飾)がスタートしました。





開催初日の10月28日(土)は日本橋三井ホールにおいて、「日本橋シティドレッシング meets オリンピックコンサート」の公演(公益財団法人日本オリンピック委員会主催)や、日本橋中央通りにおいて東京2020オリンピックカウントダウンイベント(公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会および東京都主催)が開催され、街全体が東京2020大会のムード一色に染まり、あいにくの雨にもかかわらず多くの来場者で賑わいました。





東京2020オリンピックカウントダウンイベントでは、三井不動産株式会社がオフィシャルスポンサーとして応援しているスポーツクライミングの日本代表選手である野口啓代選手と野中生萌選手が登場。いよいよ1000日前となる東京2020大会に向けて笑顔で意気込みを語りました。また、体験ブースではボルダリングやリードウォールに挑戦する参加者で賑わいました。





今年で3回目を迎える日本橋シティドレッシングは「WE MAKE 2020」をテーマとしており、アスリートだけではなく、観る人、支える人なども含めた「みんなでつくる東京2020大会」ということを日本橋の街全体を使って体感していただくイベントです。日本橋の街に暮らす人、訪れた人、働く人みんなが参加することを通じて“みんなで東京2020大会を盛り上げていこう”という想いを、総勢150名を超えるアスリートや一般の方々の肖像を街灯フラッグなどに掲出し表現しています。




また、10月22(日)~11月1日(水)の期間で、福徳の森と日本橋・江戸桜通り地下歩道において、参加型フォトブース「日本橋シティドレッシング フォトセット」が設置され、日本橋に訪れたたくさんの方たちにティドレッシングのミニチュアセットで写真撮影を楽しんでいただきました。





「WE MAKE 2020」 みんなでつくる東京2020大会ということを体感できる場を設けることで、街とオリンピック・パラリンピックムーブメント双方の盛り上げに貢献してまいります!

東京2020公式ライセンス商品販売コーナー

日本橋三井タワー1階では、「東京2020公式ライセンス商品販売コーナー」が期間限定でオープンしました。

期間:2017年10月28日(土)~11月29日(水) 10:00~18:00

東京2020大会のエンブレムが入ったTシャツやタオル、ピンバッジやキーホルダーなどをはじめ、東京2020大会1000日前記念グッズなども販売しています。




(東京2020公式ライセンス商品販売コーナー)

「日本橋シティドレッシング for TOKYO 2020」実施場所 全域地図

三井不動産の2020年に向けたスローガン

一人ひとりが変化そのものになろうという意味の「BE THE CHANGE」のロゴは、世界を変える「風」をモチーフにデザインされました。三井不動産のコーポレートカラーの二色で塗り分けられたエレメントは、「風に乗って飛び立つ鳥」をイメージしています。2020年とその先に向けて「人が変われば、世界は変わる」という思いから、掲げたスローガンです。

三井不動産は、不動産開発におけるゴールド街づくりパートナーとして、東京2020オリンピック・パラリンピックを応援しています。