社会貢献・環境への取り組み2011

安心・安全への取り組み 〜当たり前のことをより確実に〜

三井不動産グループでは、お客さまに安心・安全な商品・サービスを提供するため、防災やセキュリティ(防犯)に関する対策の継続的な実施と改善に取り組んでいます。

防災への取り組み

防災訓練時の緊急対策本部(2011年9月1日)

防災訓練時の緊急対策本部(2011年9月1日)

災害発生時に三井不動産の施設を利用するテナントやお客さまの安全を守るため、災害対策マニュアルや事業継続計画(BCP)を策定し、それに基づく訓練を定期的に行っています。全社を挙げての大規模災害への対応訓練は、グループ会社やテナント等と連携して、年2回、9月1日(防災の日)と1月17日(防災とボランティアの日)に実施しています。
また、2011年3月に発生した東日本大震災を受け、災害対策の見直しや防災訓練の強化など、テナントやお客さまの一層の安心・安全を目指す取り組みを進めています。

オフィスビルの「被災度判定システム」導入推進

被災度判定システム画面表示例

被災度判定システム画面表示例

地震発生時、建物内数カ所に設置した地震計のデータを基に、建物が継続使用可能かどうかをすみやかに判定するシステムの導入を進めています。専門家の到着(想定で3日〜2週間後)を待たず、初動対応の中で建物躯体の損傷度合いを判定。中破相当以上と判定され建物の精密点検が必要と判断された場合は全館避難誘導を行うなど、テナントや来訪者の安全確保を図ります。
2010年度には都内オフィスビル13棟に導入し、導入数は合計22棟となりました。今後も、高層オフィスビルに順次導入予定です。
東日本大震災に際しては、発生直後に同システムによって被害状況を確認。建物の躯体に大きな影響を及ぼすような被害のないことが迅速に把握可能となるなど、その有効性が確かめられました。

非常用電源の拡充の推進

大規模災害発生時などに安全確保のため必要となる非常用電源の拡充を進めています。
近年竣工したビル、例えば「東京ミッドタウン」(東京都港区)では、非常用発電機を3台設置しており、停電時にはその電力によって48時間にわたり防犯・防災関係ならびにオフィステナントの重要設備の負荷に対して電力を供給します。また、コジェネレーションシステムは、通常はガスにより発電を行うと同時に排熱を回収していますが、停電時には一部の電力の供給と熱供給が可能となります。東日本大震災の直後にもこれらの非常用電源が、安全確保や事業継続の一助となりました。
これを踏まえて、既存物件および新築物件において、非常用発電機の運転時間の長時間化等の拡充を図っていきます。

分譲マンションの防災・セキュリティ対策

分譲マンションの入居者の安心・安全のため、ハード・ソフト両面における防災・セキュリティ(防犯)対策を採用しています。
2011年3月に竣工した「パークシティ南千里丘」(大阪府摂津市)では、気象庁の緊急地震速報を受信し、住戸内や共用部において地震発生と揺れの大きさを発報するシステムや、敷地内に警備員待機所を設置するなどの安心・安全対策を講じています。
また2010年11月に販売開始した「パークタワー勾当台公園」(仙台市青葉区)では、地震の激しい横揺れを低減する免震構造や、エントランスから住戸まで4重のセキュリティチェック体制の採用で、安心・安全を強化しています。

セキュリティシステム「PRISM EYE」

三井不動産レジデンシャル(株)の分譲マンション事業においては、首都圏を中心にセキュリティシステム「PRISM EYE(プリズムアイ)」を導入しています。「PRISM EYE」は、マンションのセキュリティを〈設計―プランニング〉〈機能―システム〉〈運営―オペレーション〉の3つの要素に分け、不審者が侵入しにくい環境づくり、万一の場合の緊急対応など、設計の段階から入居後の管理運営に至るまで、トータルな視点で暮らしを守ります。

「PRISM EYE」の概念

プリズムアイ概念図

プリズムアイ概念図

「PRISM EYE」の概念

「PRISM EYE」のPRISMはガラスの三角柱を意味します。〈設計−プランニング〉〈機能−システム〉〈運営−オペレーション〉が三位一体となったイメージです。また、EYEは日々の暮らしを見守る目を指しています。

  1. 設計−プランニング(Planning)
    独自の「防犯設計基準」で設計段階からチェック
    国土交通省策定による「防犯に配慮した共同住宅に係わる設計指針」等を踏まえて、防犯の専門家による監修のもと、60超の項目からなる三井不動産グループ独自の「防犯設計基準」を策定しました。また、プランニングの際には、警備会社による「防犯診断」を実施し、指摘項目を設計に反映します。玄関扉などにはCP(Crime Prevention)認定された製品を標準装備します。
  2. 機能−システム(System)
    充実した防犯機器で居住空間をチェック
    さまざまな角度から来訪者を確認できる録画機能付きインターホンなどがついた住宅情報盤「ベルボーイ」や、玄関防犯センサーを標準装備します。さらに、共用部分には防犯カメラを適切に配置しています。
  3. 運営−オペレーション(Operation)
    毎日の暮らしを迅速なケアでサポート
    緊急時の非常信号は、警備会社だけで監視するのではなく、管理会社である三井不動産住宅サービス(株)にも送信される二重確認システムです。

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要となります。最新のAdobe ReaderはAdobe社のサイトより無料でダウンロード可能です。

Adobe Readerのダウンロード

ページの先頭へ