社会貢献・環境への取り組み2011

新たな価値の創造・発信

三井不動産グループでは、本業である街づくりを通して、社会・経済の変化をとらえた「新たな価値」を創造し、社会の発展に貢献することを、CSRの重要なテーマとしています。

東京ミッドタウンのJAPAN VALUE

緑あふれるオープンスペース

緑あふれるオープンスペース

「東京ミッドタウン」では、「Diversity on the Green」というコンセプトに基づいて、広大な緑地と多様な都市機能の融合を図っています。そして、その実現のために、「JAPAN VALUEを創造、結集し、それを世界に発信しつづける街」をビジョンとする「東京ミッドタウン憲章」を策定し、街づくりの指針としています。
私たちの考えるJAPAN VALUEとは、“新しい日本の価値・感性・才能”のこと。2010年度も、アート・デザインやエコをテーマにしたイベント等を通じて、新たな価値の創造・発信と六本木エリアの活性化に取り組みました。

東京ミッドタウン憲章

●Vision

「JAPAN VALUEを創造、結集し、それを世界に発信しつづける街」

●Key concept

「いつも、ほほえみがあふれる街に」

●Mission

  1. 世界の一員として、また地域の一員として、社会に貢献します。
  2. 安全・安心・清潔な環境を提供します。
  3. つねに新しい価値を提供しつづけます。
  4. おもてなしの心をこめて接します。
  5. 複合都市ならではのシナジーを生み出します。
  6. 緑と共生し、活用します。
  7. デザイン・アートへの関心を喚起します。
  8. 知的創造活動を支援します。

被災地支援チャリティ「Smile for Japan」

東日本大震災の被災地支援の一助となるべく、4月以降、さまざまなチャリティ活動を行いました。国内外で活躍する日本のクラシック界のトップ奏者たちが集結する「東日本大震災復興応援コンサート」(4月16日)、その場で制作された作品を販売し、その収益のすべてを義援金として被災地へ送る「Artists' Action for JAPAN」(4月23、24日)などのほか、「東京ミッドタウン」の各ショップでも、売上の寄付など被災地復興への支援活動を行いました。

「Tokyo Midtown Award 2010 」

JAPAN VALUEを創造・発信する街を目指す一環として、次世代を担う才能を発掘・応援するアワードで、2008年創設。3回目となる2010年度は、アートコンペ357件、デザインコンペ1,354件の国内外からの応募があり、11月に各受賞作品が発表されました。

アートコンペ グランプリ受賞作
春夏秋冬東京動画絵巻
【受賞者:きのした がく】

デザインコンペ グランプリ受賞作
Tokyo Green Dictionary
【受賞者:TRsN(とれせん)】

柏の葉の独創的な街づくり

公・民・学の連携のもと、つくばエクスプレス柏の葉キャンパス駅(千葉県柏市)の周辺地域で三井不動産グループが進める「柏の葉キャンパスシティプロジェクト」。地域コミュニティの活性化や、先進的な実証実験など、未来に向けたさまざまな価値創造の取り組みをサポートしています。

柏の葉キャンパスシティの情報サイト「柏の葉ナビ」がオープン

「柏の葉キャンパスシティ」の情報サイト「柏の葉ナビ」が2010年9月にオープンしました。「キャンパスシティで学ぶ」「まちのクラブ活動に参加する」「まちのイベントに参加する」「実証実験に参加する」といったメニューにより、柏の葉の「参加型の街づくり」を推進する情報提供チャネルとして機能しています。

地域コミュニティ活性化のために

ピノキオプロジェクト

ピノキオプロジェクト

地域の人々と連携してコミュニティの活性化を図るイベント等の取り組みを行っています。2010年度には、子どもたちがピノキオに扮して職業体験や街づくりワークショップを行う「ピノキオプロジェクト2010」や、柏市の農作物を集め、地産地消と地元農業のブランド化・活性化を目指す「かしわフードショー2010」などが実施されました。

先進的な社会実証実験

実証実験都市として、新技術をこれからの街づくりに生かすためのさまざまな試みも行っています。2010年9月には、来街者に随時適切な情報提供を行う次世代デジタルサイネージサービスや、建築計画中の建物をAR(拡張現実)技術により専用端末で紹介するサービスなどを試験提供しました。
また、自転車を街で共有し新たな公共交通とする「かしわスマートサイクル」、屋外でも必要に応じて電源を利用可能にする「公衆電源プロジェクト」などの社会実験も進行中です。

トピックス:「柏の葉アーバンデザインセンター」移転 街づくりは次のステージへ

新生「柏の葉アーバンデザインセンター」

新生「柏の葉アーバンデザインセンター」

2006年開設の「柏の葉アーバンデザインセンター」(UDCK)は、公・民・学連携の街づくりの推進母体として、東京大学・千葉大学・柏市・三井不動産グループで共同して運営しており、柏の葉の街づくりに関する議論・提案や情報発信の拠点機能を果たしてきました。2010年9月、柏の葉キャンパス駅前街区の開発に伴い、これまでの駅西口前から東口に移転しました。
従来の外観や規模を引き継ぎながら、情報発信力の強化や実験的な新技術の導入などを図っています。これまでに取り組んできた数多くの街づくりプロジェクトを検証し、定着させながら目に見える成果を出していくのが、これからのステージの目標。広く開かれた街づくり拠点として、地域の方々に訪れていただき、一緒に街づくりを進めていきたいと考えています。

11年連続の「グッドデザイン賞」受賞

三井不動産グループが開発した「パークシティ浜田山」(東京都杉並区)、「三井ガーデンホテル四谷」(東京都新宿区)が、「2010年度グッドデザイン賞」(公益財団法人日本デザイン振興会主催)を受賞しました。三井不動産グループの受賞は、2000年度に単体の分譲マンションとして業界で初めて受賞して以来、今回で11年連続となります。

受賞プロジェクトの主な特徴

●パークシティ浜田山

  • 土地の歴史の継承と年月を経るにつれて価値を高めていく“経年優化”の街づくり。
  • 桜やケヤキ並木、杉並区の公園として整備した樹林地など既存樹木を生かした緑豊かな環境。
  • 各住棟には個性的な中庭を設け、共用施設も豊かな緑を感じながら住民が交流できるよう配置。
  • 防災備蓄倉庫や防火水槽、自家発電機、避難スペース等、地域住民も含めた防災対応。

三井ガーデンホテル四谷

  • 女性のホテル利用者の声をもとに、設計、インテリア、運営方針など、女性が中心となり企画。
  • 宿泊階に限り停止可能な防犯性の高いエレベーター、上品で落ち着きのあるベージュ系カラーを基調とした外観や客室デザイン、バスタブのないシャワーブースタイプや水回りを分離し、洗面台をドレッサー仕様とした客室など、お客様の声をプランニングに反映。
  • 緑に包まれたオープンテラスが街ににぎわいと潤いを創出。

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要となります。最新のAdobe ReaderはAdobe社のサイトより無料でダウンロード可能です。

Adobe Readerのダウンロード

ページの先頭へ