社会貢献・環境への取り組み2011

創っていく

過去から未来へ。長期的視野に立って時代の求める価値を創造しています。

室町東地区開発計画

「室町東地区開発計画」は「日本橋再生計画」の中核となるプロジェクト。“道づくりによる街づくり”をテーマに、「31mライン」「参道」「桜並木」「石畳」など通りの特徴を生かした大規模複合再開発を進めています。

室町東地区開発イメージパース

伝統とトレンドが交錯する、新しい街づくり

計画の第1弾である「室町東三井ビルディング」が2010年10月1日に開業しました。低層部の「COREDO室町」は、「日本を賑わす、日本橋」をコンセプトに、商業ゾーンと多目的ホール「日本橋三井ホール」で構成されています。

10月30日に行われた「日本橋三井ホール」のオープニングセレモニーは、松本幸四郎丈らによる「三番叟の舞」や「歌舞伎×ファッションショー」など、伝統とトレンドが交錯する、新しい街づくりを象徴するものとなりました。

「室町東地区開発計画」全体竣工予定の2014年に向け、建物という<ハード>と文化や賑わいなど<ソフト>の両面で日本橋再生を目指していきます。

日本橋三井ホール

オープン当時の「COREDO室町」

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要となります。最新のAdobe ReaderはAdobe社のサイトより無料でダウンロード可能です。

Adobe Readerのダウンロード

文部科学省がESDの推進拠点として位置づけているユネスコ・スクールを応援しています。

私たちはESDを応援しています。

ESDは持続可能な社会づくりを目指す活動です
(ESD:Educatiuon for Sustainable Development)

ページの先頭へ