社会貢献・環境への取り組み2013

社会貢献活動

三井不動産グループでは、街づくりという本業を通じて広く社会に貢献するとともに、独自の「社会貢献活動方針」に基づいてさまざまな社会貢献活動にも取り組んできました。

地球環境への貢献

三井不動産グループでは、環境団体への寄付や植林活動などを通じて、地球環境保全に貢献しています。

「ECOガーデンカード」による寄付

「ECOガーデンカード」とアメニティグッズ

「ECOガーデンカード」とアメニティグッズ

三井ガーデンホテルズでは、客室内のアメニティグッズをお客さまが使用されなかった場合に、「ECOガーデンカード」をフロントへお持ちいただくと、お客さまに代わり地球環境保全活動団体(公益財団法人オイスカ)に寄付する取り組みを2008年3月から行っています。
2012年度の寄付額は約77万円で、一部は東日本大震災被災地の海岸林育成費用に充てられました。開始から2013年3月末までの累計額は約399万円となっています。

植林による森林保全

植林活動

植林活動

三井ホーム(株)では、持続的な森林再生と東北地域への貢献活動として、「みやぎの里山林協働再生支援事業」に参加しました。同事業は、森林づくり活動を 行おうとする企業等と、活動の場を提供できる森林所有者を宮城県が橋渡しし、里山林の利活用を支援するものです。2012年9月13日に仙台市で植林研修を実施、新入社員ほか69人で約600本の苗木を植えました。本活動は今後も継続して実施する予定です。

「&EARTH教室」

三井不動産レジデンシャル(株)では、環境とともにある街づくりを目的として、子ども向けの環境出張教室「&EARTH教室」を2010年度から開催しています。地球温暖化についてや家庭でできるECOチャレンジなど、主に満4歳から小学生の子どもたちが楽しく学べる環境教室で、2012年度は15回開催しました。
また2012年10月23日には、東京都港区の環境学習施設「港区立エコプラザ」で、「&EARTH教室」の活動報告会を実施しました。地元の教育関係者など37人が参加し、活動報告と対話式ワークショップの2部構成で、これからの次世代環境教育について考える場となりました。

&EARTH教室(アーバンドックららぽーと豊洲)

&EARTH教室
(アーバンドックららぽーと豊洲)

活動報告会

活動報告会

地域社会への貢献

2012年度も、東日本大震災の被災地復興支援を含め、地域社会貢献活動に取り組みました。

「盲導犬ふれあいキャンペーン」

「地域コミュニティの核」となることを目指す商業施設では、家族や仲間と楽しく社会貢献活動や環境推進活動を体験できる「場ときっかけ」を提供する『エコハロー!プロジェクト』を展開してきました。その一環として継続的に行ってきた「盲導犬ふれあいキャンペーン」を2012年度も12施設、16回実施。多くの方々に盲導犬および視覚障がい者の方に対する理解や知識を深めていただくとともに、盲導犬育成のための募金活動も行いました。

ホテルの地域貢献活動

三井ガーデンホテルズでは、地域との共生を図るための社会貢献活動に取り組んでいます。
2012年度も、特別養護施設での昼食会(三井ガーデンホテル柏)、地元の祭りでのチャリティーカレーの提供(三井ガーデンホテル千葉)、エコキャップ活動(三井ガーデンホテル蒲田)などを実施しました。

被災地復興支援にオリジナル花苗を提供

第一園芸(株)では、東日本大震災復興支援の一環として、前年に引き続き福島県川俣町立富田小学校へオリジナル花苗(772ポット)を提供。2012年6月に社員がボランティアとして現地での植え付けに参加しました。

マンションでリサイクルと被災地支援を実現

三井不動産住宅サービス(株)がマンションご入居者に提供している「中古品宅配買取サービス」には、買取1件ごとに一定額の寄付が行える「スマイル・エコ・プログラム」が付帯しており、リサイクルと社会貢献を手軽に行うことができます。
また2012年6月〜2013年3月に、ブックオフオンライン(株)とタイアップで「東日本大震災チャリティーイベント」を実施しました。マンションのエントランスに回収ボックスを設置してご入居者から不用の本やCDなどを回収し、その買取代金をブックオフオンライン(株)が義援金として寄付する活動です。上記期間に203のマンション管理組合の協力をいただき、合計5,003,368円の寄付を行いました。

社員のボランティア活動支援制度を導入

三井不動産商業マネジメント(株)(旧ららぽーとマネジメント(株))では、社員のボランティア活動を支援する制度を導入しています。福利厚生制度の利用に使える「カフェテリアポイント」を、ボランティア活動に参加した社員に付与するもので、2009年9月(第4回)の導入以来、364人の社員が活用しています。

文化・教育への貢献

三井不動産グループでは、社会の一員としての責任を果たすため、芸術活動などの文化支援や次世代育成などの教育活動に、継続的に取り組んでいます。

子どもの社会学習支援

各事業部門の施設において、地元の学校の児童・生徒が働く意義や社会の仕組みなどを学ぶ職場体験学習や職場見学の機会を提供しています。2012年度も、商業施設(20施設)、三井ガーデンホテルズ(7ホテル)、「東京ミッドタウン」(東京都港区)で実施しました。

職場体験学習(ららぽーとTOKYO-BAY)

職場体験学習(ららぽーとTOKYO-BAY)

職場体験学習(ららぽーと磐田)

職場体験学習(ららぽーと磐田)

防災について学ぶイベントを開催

「アーバンドック ららぽーと豊洲」(東京都江東区)では、2012年10月に「BO-SAI 2012 in 豊洲 〜EXPOversion〜」を開催しました。今回で5回目の開催となります。防災に関するさまざまな知識や技を学ぶ対話型・体験型のプログラムで、親子連れなどが多数参加しました。
また、2012年2月〜3月、首都圏の10商業施設において、「エコハロー! 災害に負けない知識を学ぼう!プロジェクト」を実施しました。3月11日を前に、あらためて家族で防災知識を深めていただくため、子どもも一緒に楽しめるスタンプラリー形式で行いました。

防災イベント(ダイバーシティ東京 プラザ)

防災イベント(ダイバーシティ東京 プラザ)

防災イベント(ララガーデン川口)

防災イベント(ララガーデン川口)

障がい者雇用への啓発活動

ファースト・ファシリティーズ・チャレンジド(株)は、障害者雇用促進法に基づいて2006年に設立された、ファースト・ファシリティーズ(株)(現三井不動産ファシリティーズ(株))の特例子会社で、障がい者の雇用促進や職場体験の受け入れなどを行っています。
その活動の一環として、2012年9月、公益社団法人東京ビルメンテナンス協会が主催する「障がい者清掃指導員研修」において、前年に引き続きファースト・ファシリティーズ・チャレンジド社員が「共に働く仲間として、成長と自立をめざして」と題して講師を務めました。現場での清掃業務の指導の実例に基づいた1時間の講演を行い、協会加盟会社の30人を超える受講者が参加しました。

継続的に行っている文化支援

文化・芸術分野におけるさまざまな活動を継続的に支援しています。

  • 劇団四季「こころの劇場」プロジェクト
    演劇の感動を通じて子どもたちの心に語りかける「こころの劇場」プロジェクトの公演に、2008年から協賛。
  • 隅田川花火大会
    下町文化を受け継ぐ夏の風物詩に1985年から後援・協賛。
  • 「日本橋三井タワー」のアトリウムコンサート
    「日本橋三井タワー」(東京都中央区)の吹き抜けの大空間を舞台に、さまざまなアーティストを招いてコンサートを開催。
  • 三井記念美術館
    重要文化財の「三井本館」(東京都中央区)で公益財団法人三井文庫が運営。国宝・重要文化財などを多数収蔵し、三井グループ各社で支援。

国際交流への貢献

社会のグローバル化に伴って重要性を増す国際交流活動にも積極的に取り組んでいます。

商業施設の「衣料支援プロジェクト」

商業施設では、不用となった衣料を回収し、NPO法人日本救援衣料センターを通じて世界の難民や被災者などに寄付する「エコハロー!衣料支援プロジェクト」を2008年度から毎年継続的に実施しており、三井不動産と三井不動産商業マネジメント(株)(旧ららぽーとマネジメント(株))の社員によるボランティアスタッフが中心となって運営しています。
2012年度(第8回)は、2012年11月に商業施設17施設において開催しました。参加者数は延べ4,767人、衣料の回収重量は約23t、募金金額は352,920円でした。第8回までの累計では、参加者数は延べ23,284人、衣料回収重量は約129t、募金金額は約216万円となっています。

社員コメント

三井不動産商業マネジメント(株) 運営企画部 相澤 智子

三井不動産商業マネジメント(株)
運営企画部
相澤 智子

モンゴルでの衣料配布活動に参加

2012年8月、日本救援衣料センター主催の「モンゴルスタディーツアー」に参加し、首都ウランバートルなどで衣料配布活動を行ってきました。
現地の方々は常に笑顔で私たちを歓迎してくれました。特に印象的だったのは洋服を手渡したとき、子どもたちがそれを大事そうに抱えて微笑んでくれたことです。衣類よりも食事などが生きていく上で優先されるため、1枚の洋服を大切に着る子がほとんどとのことでした。今回実際に現地を訪問し衣料寄贈の必要性を改めて実感しました。
今後も継続して衣料支援プロジェクトを開催していきますので、お近くの施設での開催がありましたら、ぜひお気軽にお立ち寄りください。

モンゴルでの衣料配布活動

モンゴルでの衣料配布活動

世界の飢餓救済活動に貢献する
「救缶鳥プロジェクト」に参加

三井不動産ビルマネジメント(株)は、同社の管理するオフィスビルの備蓄非常食を通じて、世界の飢餓救済活動に貢献する「救缶鳥プロジェクト」に参加しています。
同プロジェクトは、(株)パン・アキモトが実施するもので、賞味期限3年のパンの缶詰を購入者が非常食として2年間備蓄、その後の1年間にパンの缶詰は義援物資として回収され、飢餓に苦しむ国々へ届けられます。
三井不動産ビルマネジメント(株)では、本社において1,770缶を備蓄しており、2012年度、864缶をコートジボワールに寄贈しています。

国連の難民支援プロジェクトへの協力

国連UNHCR協会による難民支援プロジェクトの趣旨に賛同し、各商業施設で活動ブースを展開。2012年度は15施設、15回実施しました(下期より「てとてプロジェクト」の名称で実施)。

EU・ジャパンフェストへの参加

アーティストや市民の国境を越えた芸術文化活動を支援するNGO「EU・ジャパンフェスト日本委員会」に、三井不動産は委員会メンバー企業として参加。音楽・美術・舞台芸術・文学など幅広い分野の活動を支援しています。

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要となります。最新のAdobe ReaderはAdobe社のサイトより無料でダウンロード可能です。

Adobe Readerのダウンロード

ページの先頭へ