環境推進体制

環境推進体制

三井不動産は、「環境委員会」(委員長:社長執行役員)のもとに環境担当役員を部会長とする「環境推進部会」を設置し、「グループ環境方針」に沿って部門別の年度目標を設定し、その進捗管理等を行っています。その内の重要課題については、取締役会に報告されるほか、環境方針の対象となるグループ会社とともに環境への取り組みを計画的に推進しています。なお、「グループ環境方針」の対象となるグループ会社は、2018年4月1日現在、14社となっています。

三井不動産グループの環境推進組織体制
(2018年4月1日現在)

三井不動産グループの環境推進組織体制(2018年4月1日現在)
注)三井ホーム、三井不動産ファシリティーズ、三井不動産商業マネジメント、三井不動産ホテルマネジメント、東京ミッドタウンマネジメントでは、グループ環境方針のもと、独自の環境方針を定めて環境活動を推進しています。また、独自の社会・環境報告も行っています。