働き方改革

働き方改革への取り組み

三井不動産グループは、多様な価値観・才能を持った人材が活躍する組織をめざすとともに、社員一人ひとりがライフステージに合った働き方を選択したうえで、個々の経験を活かし、能力を最大限に発揮することが、グループ全体の持続的な発展に不可欠であると考えています。

このような目標の実現に向けて多様な人材が活躍できる土台を作るべく、「働き方改革」と題した活動を進めています。2016年4月には、それまでの様々な取り組みを集約し、推進するために「働き方企画推進室」を設置しました。限りある業務時間の中で「働き方の質」を高める意識改革とそれをサポートする各種制度・職場環境整備により、高い価値創造をめざしています。

働き方改革

意識改革

  • 社内広報・放送、働き方改革ポータルサイトを活用し、トップメッセージを含めた啓蒙活動・ノウハウ共有を実施しています。
  • 育パパトレーニング休暇制度の新設により、男性の育児参加を支援し、連続休暇を取得することで本人および職場全体の意識改革となる契機を提供しています。
全社員へトップメッセージの配信
全社員へトップメッセージの配信

インフラ整備

  • 三井不動産が展開するシェアオフィス「WORKSTYLING」の利用
  • 在宅勤務制度の導入
  • 事業所内保育所の利用、社員の多様な働き方をサポート
  • 社員へのノートパソコン・スマートフォン・タブレット端末等の貸与
  • パソコン利用時間制御システムの活用
  • ベビーシッター・学童保育・介護サービスの費用を一部補助

組織単位での業務改革

  • 働き方企画推進室が各部署の取り組みをサポートし、カスタマイズされた働き方を確立、業務効率化を推進しています。