コミュニティへの参画およびコミュニティの発展

基本方針

三井不動産グループは、「共生・共存」「多様な価値観の連繋」「持続可能な社会の実現」という理念のもと、エリアごとの特性やプロジェクトの規模などに応じて、地域コミュニティとの共生・連携を図るとともに、新たなコミュニティづくりに取り組んでいます。

社会貢献活動への取り組み方針

三井不動産グループでは、グループ各社・各部門での取り組みにおいて共通の基軸となる「社会貢献活動方針」を策定し、「地球環境」「地域社会」「文化・教育」「国際交流」の4つの分野を中心に活動を進めています。

三井不動産グループ「社会貢献活動方針」(2013年3月27日制定)

私たちは、グループ・ステートメント「都市に豊かさと潤いを」の理念のもと、社会・経済の持続的な発展を目指し、都市再生・街づくりを通じて社会に貢献するとともに、「豊かさと潤い」を実現する様々な活動にグローバルな視点で取り組みます。

  1. 「地球環境」「地域社会」「文化・教育」「国際交流」の4つの分野を中心に取り組みます
  2. 地域社会の方々とともに調和を図りながら取り組みを推進します
  3. 自社の持つ施設やネットワーク、人材などの資源を積極的に活用します

社会貢献活動推進体制

三井不動産は、「社会貢献委員会」(委員長:社長執行役員)のもとに「社会貢献推進部会」を設置し、三井不動産および三井不動産グループにおける社会貢献活動の取り組みを推進しています。

社会貢献推進部会では、三井不動産および三井不動産グループの社会貢献活動に関する理念の整理や方針の策定を行うとともに、活動を実施する各部門やグループ会社における社会貢献の目的・目標・計画の調整、進捗状況の把握・評価などを行っています。

2013年3月に策定した「社会貢献活動方針」を共通の基軸として、「豊かさと潤い」を実現するさまざまな活動をグローバルな視点で進めています。

社会貢献活動の実績(2017年度)

2017年度 社会貢献活動支出総額 6,033百万円

分野 金額(百万円) 主な取り組み事例・支援
文化・教育 4,528 東京2020オリンピック・パラリンピック、
三井記念美術館支援等
地域社会 509 日本橋等、地域イベント支援等
国際交流 136 &EARTH衣料支援プロジェクト等
地球環境 62 &EARTHDAY(イベント)、
&EARTH教室(出張授業)等
その他 798 被災地支援、三井記念病院支援等

社会貢献活動支出の推移

2015年度 2016年度 2017年度
社会貢献活動支出(百万円) 4,061 5,547 6,033
対経常利益率(%) 2.22 2.53 2.51
各年度3月31日時点

地域の活性化とコミュニティ創出

日本橋エリアの取り組み

「日本橋桜フェスティバル2016」が最優秀賞を受賞

2016年3月18日から4月10日にかけて開催した「日本橋桜フェスティバル2016」がJACEイベントアワード「最優秀経済大臣賞(日本イベント大賞)」を受賞しました。イベントによる経済の波及効果、地域への集客および交流人口の増加、海外に対する情報発信効果、今後開催されるイベントに影響する技術や創造性が評価されたことによるものです。

また、2016年9月28日~10月9日にかけて行われた「日本橋熈代祭」で放映された映像コンテンツ「未来熈代勝覧」がJIAゴールデンキューブ賞視聴覚部門で優秀賞を受賞しました。これは、江戸時代の絵巻物をモチーフに、未来の日本橋にあったらいいものを小学生が描いた映像作品です。子どもたちにとって、日本橋の歴史を学びながら未来へとデザインする体験が、貴重な学びの機会になったことが評価されて受賞しました。

「日本橋桜フェスティバル」
「日本橋桜フェスティバル」
「未来熈代勝覧」
「未来熈代勝覧」
「ECO EDO 日本橋 2017」を開催

2017年7月7日~9月24日の期間、第10回目となる「ECO EDO 日本橋 2017 ~五感で楽しむ、江戸の涼~」を開催しました。金魚すくいや提灯、浴衣など江戸時代に日本橋で育まれた”涼”をとる生活の知恵や工夫を楽しむイベントです。

「ECO EDO 日本橋 2017」金魚大提灯 仲通りイメージ
「ECO EDO 日本橋 2017」金魚大提灯 仲通りイメージ

家族の絆を深める

街ぐるみで関わる「未来こどもがっこう」

「未来こどもがっこう」は、千葉県柏市の柏の葉キャンパス地域の幼児から高校生までを対象に、体験型のコンテンツを提供する学びのプラットフォームです。柏市、柏市教育委員会、東京大学柏キャンパス、千葉大学の後援のもと、同地域の小学校や大学の教員、学生、アーティスト、住民、ワーカーなど、街ぐるみでさまざまな人が講師となり、多彩なカリキュラムを実施してきました。2015年度から2017年度までの間に97回開催し、52種類のカリキュラムを実施。6,165人の子どもたちが参加しています。

「未来こどもがっこう」
「未来こどもがっこう」

「みんなでエコっとプロジェクト」にボランティア協力

「東京ミッドタウン」(東京都港区)は、2017年12月に東京都港区役所麻布地区総合支所が開催したイベント「はっぱDEアート 未来に残すクリスマスアートをつくってみよう!」にボランティア協力として参加しました。このイベントは、地域の子どもたちが自然や生きものを大切にする心を育むために実施している「みんなでエコっとプロジェクト」の一環として行われたものです。

イベントには港区在住の親子13組26名が参加し、ミッドタウンに隣接する檜町公園を散策して、拾った落ち葉でクリスマスアートを作りました。今後も自治体と連携しながら、地域の子どもたちの学びを支援します。

エネルギーや環境問題にいて考える「まなぼう!あそぼう!COOL CHOICEひろば」

地元行政や企業、NPO等と協力して親子向けの環境学習イベント「まなぼう!あそぼう!COOL CHOICEひろば」を開催しました。2017年度は「ラゾーナ川崎プラザ」(川崎市幸区)、「アーバンドック ららぽーと豊洲」(東京都江東区)、「ららぽーとTOKYO-BAY」(千葉県船橋市)の3施設において実施、再生可能エネルギーや蓄電池、LED照明など、地球環境に優しいライフスタイルについて工作やクイズを通して学びました。

会場風景
会場風景
会場風景