ニュースリリース
2008

※ニュースリリースに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

  • ホテル

札幌のビジネス・観光の拠点「すすきの」に新たなランドマーク
札幌市中央区「南4条西2丁目計画」 着工
「(仮称)メルキュールホテル札幌」(客室数285室)平成21年6月開業予定

平成20年3月13日 三井不動産株式会社、アコーホテルズ

 三井不動産株式会社は、札幌市中央区南4条西2丁目において、ホテル・商業店舗の複合ビル「南4条西2丁目計画」を着工いたしましたのでお知らせいたします。なお竣工は平成21年5月末の予定です。

<「南4条西2丁目計画」の主な特徴>

  1. 国道36号線に面し、札幌のビジネス・観光の拠点である「すすきの」の中心に立地。
  2. 地上15階地下1階の建物。3階から15階は高級インターナショナルホテル、アコーホテルズ運営の「(仮称)メルキュールホテル札幌」が入居。
  3. 地下1階から2階は、洗練された大人の時間消費空間となる、飲食やサービス系を中心とした店舗を誘致。
  4. ホテル、店舗の開業は平成21年6月を予定。
  5. 外装は、フランスのホテルブランド「メルキュールホテル」をイメージし、フレンチコンテンポラリーを意識した洗練されたデザインを採用。また、札幌の格子状の都市計画にちなみ、格子模様を外観に取り入れ、札幌らしさを表現。


完成予想パース

<「(仮称)メルキュールホテル札幌」の主な特徴>

  1. 客室は、周辺ホテルに比して一回り大きいダブルルーム(平均21m2)とツインルーム(平均27m2)を中心とした全285室。
  2. お客様ニーズの高い、「禁煙ルーム」や「レディースルーム」も用意。
  3. 客室フロアへのアクセスにはエレベータからルームキーが必要となる最新のセキュリティシステムを導入。
  4. ホテルの施設としては、フランス料理を主体とした洋風レストラン、200m2の宴会場などを備え、ビジネスや観光のニーズに対応。

 当計画に出店する「(仮称)メルキュールホテル札幌」を運営するアコーグループは、フランスに本社を構える世界最大級のホテルチェーンで、世界約100カ国に3,800軒のホテル、リゾートを所有・運営しています。ブランドとしては「ソフィテル」「ノボテル」「メルキュール」「フォーミラ・ワン」など12ブランドを展開しており、今回出店計画のメルキュールブランドは、世界49カ国、757施設を展開し、アコーホテルズの中ではミッドスケール・カテゴリーという位置付となります。また、当計画では札幌・すすきのエリアの特色を取り入れ、フレンチコンテンポラリーをイメージした個性的な高級シティホテルとなる予定です。また女性に大人気のホテル「メルキュールホテル銀座東京」の姉妹ホテルとして、三井不動産とアコーホテルズとの提携事業で開発する2軒目のホテルとなります。

 三井不動産は、当計画のほか、本年3月下旬竣工予定の大阪「淀屋橋地区第一種市街地再開発事業B棟」におけるビル・商業複合開発や、平成21年6月竣工予定の宮城「(仮称)仙台本町プロジェクト」におけるホテル事業を推進するなど、今後も地方都市での開発を進めてまいります。

【計画概要】

所在地 札幌市中央区南4条西2丁目
交通 南北線「すすきの」駅 徒歩2分
東豊線「豊水すすきの」駅 徒歩1分
建築主 三井不動産株式会社
運営 アコージャパン
ホテル名称 (仮称) メルキュールホテル札幌
設計・施工 設計:株式会社北海道日建設計
施工:大成建設株式会社
敷地面積 2,016.28m2(約609.92坪)
延床面積 18,111.90m2(約5,478.85坪)
専有面積 ホテル12,888.36m2(3,898.69坪)
店舗 2,322.23m2(702.47坪)
構造規模 鉄骨造(一部鉄骨鉄筋コンクリート造)
地上15階、地下1階、塔屋1階
客室数 285室
駐車場 100台
事業スケジュール 着工 平成20年3月10日
竣工 平成21年5月(予定)
開業 平成21年6月(予定)

【位置図】


©2007 ZENRIN CO.,LTD(Z08BB第201号)
▲クリックすると拡大します


©2007 ZENRIN CO.,LTD(Z08BB第201号)
▲クリックすると拡大します

【アコーホテルズ イメージ画像】

メルキュールホテル銀座東京

メルキュールホテル成田

 

ページの先頭へ