ニュースリリース
2008

※ニュースリリースに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

  • ショッピングセンター

東京ガス「銀座ガスホールビル」跡地商業施設開発
「GINZA gCUBE」(ギンザ ジーキューブ)平成20年9月13日オープン
ファッションブランド「H&M」が日本初出店ほか、全テナント出店決定

平成20年6月6日 東京ガス株式会社、東京ガス都市開発株式会社、三井不動産株式会社

 東京ガス株式会社(社長:鳥原光憲)の100%出資子会社である東京ガス都市開発株式会社(社長:佐藤正幸)は、東京ガス「銀座ガスホールビル」の跡地(住所:東京都中央区銀座7丁目)において、商業テナントビルを昨年6月から建設しておりますが、本年9月13日にオープンすることになりましたので、お知らせします。
 当施設の名称は、「GINZA gCUBE」(ギンザ ジーキューブ)です。「GINZA gCUBE」(ギンザ ジーキューブ)は、東京ガスグループ約3万人を対象に公募し決定した名称で、「good food」、「good fashion」によって「good life」を生み出すという意が込められており、3つの「good」を、3乗を意味する「cube」と掛け合わせて「gCUBE」としています。
 銀座のメインストリートである中央通りに面する当施設は、「文化の交差点」をコンセプトに、銀座の一翼を担う「ファッションアパレル」、「飲食」など8テナントが全て決定しています。「ファッションアパレル」では、スウェーデンのファッションブランド「H&M」(エイチ・アンド・エム)が日本に初出店します。また一部フロアは、東京ガスが食のオピニオンリーダーと連携し、食に関する情報発信活動を強化する拠点「Studio +G Ginza」(スタジオ プラスジー ギンザ)として利用します。
 なお「GINZA gCUBE」(ギンザ ジーキューブ)の開発計画の立案・推進、テナント営業、開業後の運営・管理などのマネジメント業務は銀座エリアで豊富な実績を有する三井不動産株式会社(社長:岩沙弘道)が担っています。


中央通り側 外観パース

飲食店舗 エントランスパース

 当施設の外観は、銀座の特性・建設ラッシュの続く中央通りの景観などに着目し、デザインのキーワードとして多面性(歴史・新しさ・落ち着き・賑わい)や、手作り感(平面なガラス建築群に対して素材・質感の重視)を打ち出しています。また、柔らかな曲線の組み合わせによりガスの炎をイメージしたデザインとしており、上昇性・発展性・新しさを表現しています。

<当施設における主なテナント>

  • 「H&М(エイチ・アンド・エム)」 ※日本初出店
    世界29カ国で1,500店舗以上を展開している、ファッションとクオリティを最良の価格で提供するスウェーデン出身のグローバルなファッションブランド。
  • 「ローストビーフの店 鎌倉山 銀座店」 ※銀座初出店
    古都・鎌倉より初のお目見え。最高級の黒毛和牛のローストビーフを中心に、新鮮な魚介類やフルーツをふんだんに使ったデザートを提供します。
  • 「柿安 銀座店」 ※銀座初出店
    創業明治4年の料亭「柿安」。和の趣きとモダンな感覚にあふれた空間で、松阪牛と高級黒毛和牛を使った「炭火焼あみ焼」や「すき焼」「しゃぶしゃぶ」をお楽しみいただけます。
  • 東京ガス「Studio +G Ginza」(スタジオ プラスジー ギンザ)
    料理研究家やシェフなど、食の分野に携わるオピニオンリーダーを対象にした料理セミナーや共同研究を通じ、「食」の情報発信をおこなう施設です。具体的には、料理研究家やシェフ向けの料理セミナー、有名シェフによる食育教室、シェフとのコラボによる調理の研究、最新の調理科学の情報発信などを実施します。

 東京ガスグループは、昭和30年代から「銀座ガスホールビル」において、音楽会・講演会など多彩なイベントを行い、文化やライフスタイルに関する情報を発信し、幅広いお客さまにご利用、ご愛顧いただいてまいりました。しかし建物の老朽化が進んだことから建替えを決定し、日本を代表する商業地域 銀座に相応しい商業テナントビルを開発します。

 三井不動産グループは、全国主要都市の都心エリアにおいて、都心型商業施設を開発・運営しております。中でも、銀座エリアは重点地区であり、現在「銀座並木通りビル」(平成14年8月開業)をはじめ、「交詢ビルDINING & STORES」(平成16年10月開業)、「ZOE(ゾーエ)銀座」(平成17年3月開業)、「銀座Velvia(ベルビア)館」(平成19年4月開業)、「ニッタビル」(平成19年9月開業)、「ギンザ・グラッセ」(平成20年4月開業)の6施設を運営しています。今後も「ギンザコマツビル、別館ビル、小松アネックスビル建替え」の開発を推進しており、引き続き、銀座エリアにおいて積極的な事業展開を進めてまいります。

以上

【計画概要】

所在地 東京都中央区銀座七丁目9番15(住居表示)
敷地面積 479.43m2(145.02坪)
建物規模 地上12階地下2階塔屋1階建て
延床面積 5,333.46m2(1,613.37坪)
店舗面積 3,891.71m2(1,177.24坪)
設計・施工 鹿島・清水建設共同企業体
交通 東京メトロ 銀座線・丸の内線・日比谷線「銀座」駅 徒歩5分

【施設名称ロゴ】


縦型


横型

【位置図】

計画地

©2007 ZENRIN CO.,LTD(Z08BB第270号)

三井不動産が銀座エリアで開発・運営する商業施設 ※は既に開業。その他は開発推進中。

©2007 ZENRIN CO.,LTD(Z08BB第270号)
▲クリックすると拡大します

【店舗一覧】

店舗一覧表(PDF:857KB)

 

ページの先頭へ