2020年

※ニュースリリースに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

  • CSR

気候関連財務情報開示タスクフォース「TCFD」に賛同

2020年2月28日
三井不動産株式会社

三井不動産株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長 菰田正信)は、企業等に対して気候変動関連リスクと機会に関する情報開示を推奨する気候関連財務情報開示タスクフォース「TCFD」の提言に賛同することを表明いたしました。

 

三井不動産グループでは、昨年公表したグループ長期経営方針「VISION 2025」において「街づくりを通して、持続可能な社会の構築を実現」することを目指していくあり姿として掲げ、人・街・社会の課題解決に資する街づくりやサービスを展開しています。

 

引き続き、「持続可能な社会の実現」と「継続的な企業価値の向上」に向けて、本業を通じたESGのさらなる推進に取り組んでまいります。

■三井不動産「ESGレポート2019」webサイト

https://www.mitsuifudosan.co.jp/corporate/esg_csr/

■この取り組みはSDGsの目標13「気候変動に具体的な対策を」に貢献します。

もっと三井不動産を知る

  • BETHECHANGE
  • 数字でみる三井不動産
  • 歴史からみる三井不動産

PDFファイルをご覧いただくには "Adobe Reader"が必要です。
最新版はAdobe社のWebサイトより無料でダウンロードできます。