2020年

※ニュースリリースに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

  • 街づくり(複合施設)
  • その他

~あなたにとって、日比谷って?井上芳雄さん、亀田誠治さん、美弥るりかさん、宮本亞門さんも登場~
心をひとつに 日比谷の「未来」と「人々」に希望をつなぐ
HIBIYA &HOPE PROJECT
いよいよ本格始動

2020年8月4日
東京ミッドタウンマネジメント株式会社
三井不動産株式会社

東京ミッドタウン日比谷 (千代田区有楽町 事業者:三井不動産株式会社)では、2018年の開業以来、周辺の劇場・映画館と連携し、日比谷の芸術文化情報の発信を推進してきました。

2020年8月現在、映画・演劇・音楽といったエンターテインメント業界では、新型コロナウイルス感染拡大が観客動員に大きな影響を与えております。特に、劇場・映画館を多数抱える日比谷の街では、感染対策に最大限配慮しながら各館営業再開を進めておりますが、周辺の飲食店・ホテル等も含めコロナ前の賑わいとは依然として大きな隔たりがあります。

このような背景を受け、周辺の劇場・映画館・ホテル・飲食店・地元企業といった日比谷に関わる人々をつなぎ、力を結集することで街全体の活性化を図る、‘HIBIYA &HOPE PROJECT’が始動し、東京ミッドタウン日比谷・三井不動産株式会社は、このプロジェクトを推し進めるために実行委員会を組成しました。

本プロジェクトでは、「未来への希望をつなぐ」視点で、日比谷にゆかりのある人などによるオンラインでの街の情報発信や、日比谷エリアの店舗の紹介やエンターテインメントを盛り上げる活動なども予定しています。

PICK UP!       HIBIYA PEOPLE :たくさんの“人”が紡ぐ 日比谷メッセージリレー 8月3日(月)公開

日比谷にゆかりがある人、街の人々が日比谷への想いをつなぎます

地元町会、劇場支配人、舞台出演者、店舗スタッフ、帝国ホテル 東京料理長、日比谷公園関係者など、日比谷の街を彩る人々が、日比谷への想いを発信します。
コロナ禍で街から失われた活気を再び取り戻す日を 願い、多くの人に日比谷を知ってもらうきっかけをつくり、未来への希望をつなぐメッセージビデオ。You Tubeでの配信に加え、多くの方からメッセ―ジを集め、順次HIBIYA &HOPE PROJECTの特設WEBサイトに掲載します。

【HIBIYA &HOPE PROJECT】 https://www.hibiya-hope.jp

エンターテインメントの街・日比谷にゆかりのある方々も登場!「あなたにとって、日比谷の街」とは?


井上芳雄さん

亀田誠治さん

美弥るりかさん

宮本亞門さん

※50音順

PICK UP!       日比谷から希望の光を灯す少女「Flora」が &HOPEスタイルで8月に登場!

「HIBIYA &HOPE Flora(フローラ)」展示

場所 日比谷ステップ広場 
期間 8月6日(木)~9月24日(木)予定
主催 東京ミッドタウン日比谷
協力 一般社団法人日比谷エリアマネジメント


(c)2018 Kenji Yanobe

毎年GWに日比谷エリアが観劇に湧く祭典「Hibiya Festival」オープニングショーのアイコンとして、「鹿鳴館にあこがれ、日比谷に希望の光を灯す少女」をイメージし、誕生した高さ約4mの少女「Flora」。現代美術作家ヤノベケンジのアート作品をベースに、宮本亞門が監修し、増田セバスチャンが衣装協力をした日比谷特別バージョンです。
今春中止となった「Hibiya Festival」から時を経て、ヤノベケンジ・宮本亞門のタッグで今夏「日比谷から世の中へ希望を灯す」シンボルとして再び登場します。
日比谷から東京、日本、そして世界へと、目を閉じ静かに希望の祈りをささげます。

【フローラ作家 ヤノベケンジ】


現代美術作家。1965年大阪生まれ。
「現代社会におけるサヴァイヴァル」をテーマに実機能のある大型機械彫刻を制作。
http://www.yanobe.com/

Other      今後の活動(予定)

  • 隠れたグルメの街・日比谷を部活形式で楽しく紹介をする「ヒビヤグルメ部(仮称)」(9月末予定)
    日比谷に本社を持つ株式会社ぐるなびの協力により、日比谷のグルメを紹介するWEBページを公開。
  • 日比谷の人々が「食」や「エンターテインメント」を語る動画を配信(10月以降順次開催予定)
    その他、映画・演劇の支援や関連イベントなども開催予定です。

HIBIYA &HOPE PROJECT概要



ガス灯をモチーフにし、 日比谷の街から希望の灯、エンターテインメントの灯を消さない想いを表現

主催 HIBIYA &HOPE PROJECT実行委員会(50音順) 一般社団法人日比谷エリアマネジメント、株式会社帝国ホテル 東京ミッドタウンマネジメント株式会社、東宝株式会社、 三井不動産株式会社 ほか
賛同者
(50音順)
NKB、ぐるなび、シアタークリエ、帝国劇場、帝国ホテル 東京、東京宝塚劇場、日比谷公園(公益財団法人東京都公園協会)、東京ミッドタウン日比谷、TOHOシネマズ シャンテ、TOHOシネマズ 日比谷、日生劇場、ニッポン放送、日比谷シャンテ、日比谷商店会、日比谷松本楼、日比谷野外大音楽堂、レッツエンジョイ東京 ほか
期間 実施中~2021年3月末(予定)
プロジェクト概要 「日比谷」の街から、希望と未来をつなぎ、発信するプロジェクト。
日比谷の魅力を発信するとともに、日比谷エリアをはじめとした飲食店や劇場の紹介、イベント活動を行っていく。
※詳細はWebサイトをご覧ください。

■三井不動産グループのSDGsへの貢献について

https://www.mitsuifudosan.co.jp/corporate/esg_csr/
三井不動産グループは、「共生・共存」「多様な価値観の連繋」「持続可能な社会の実現」の理念のもと、人と地球がともに豊かになる社会を目指し、環境(E)・社会(S)・ガバナンス(G)を意識した事業推進、すなわちESG経営を推進しております。当社グループのESG経営をさらに加速させていくことで、日本政府が提唱する「Society 5.0」の実現や、「SDGs」の達成に大きく貢献できるものと考えています。

※なお、本リリースの取り組みは、SDGs(持続可能な開発目標)における3つの目標に貢献しています。

目標11 住み続けられるまちづくりを
目標16 平和と公正をすべての人に
目標17 パートナーシップで目標を達成しよう

【参考資料】日比谷エリア主要劇場の再開状況(2020年8月4日現在)

劇場名 公演再開日 公演名 主なキャスト
帝国劇場 7月18日(土) 『ジャージー・ボーイズ イン コンサート』 中川晃教、藤岡正明/尾上右近、矢崎広/東啓介、spi/大山真志 他
シアタークリエ 7月20日(月) 『SHOW-ISMS』 美弥るりか、彩吹真央、JKim、知念里奈、新妻聖子、井上芳雄  他
東京宝塚劇場 7月31日(金) 星組『眩耀(げんよう)の谷 ~舞い降りた新星~』
『Ray -星の光線-』
礼真琴、舞空瞳
日生劇場 8月29日(土) ホリプロ主催公演『THE MUSICAL BOX ~ Welcome to my home~』 石川禅、柿澤勇人、田代万里生、平方元基

※最新の公演情報については各劇場へ直接お問い合わせください。

もっと三井不動産を知る

  • BETHECHANGE
  • 数字でみる三井不動産
  • 歴史からみる三井不動産

PDFファイルをご覧いただくには "Adobe Reader"が必要です。
最新版はAdobe社のWebサイトより無料でダウンロードできます。