数字でみる三井不動産

三井不動産グループは日本の不動産業界におけるリーディングカンパニー。数字が語る、三井不動産グループ。インフォグラフィックでのぞいてみてください。

グループ企業数313社 国内外のグループ企業の数は313。事業領域は多岐に渡ります。

グループ従業員18,625名 グループ全体の従業員の数は、2018年3月時点で18,625人。

オフィス商業施設の貸付面積502万㎡ 国内外のオフィスや商業施設の貸付面積を合計すると約502万㎡

住宅分譲戸数4,208戸 2017年度のマンション分譲戸数は、4,208戸。

オフィス・商業施設の入居テナント数 約5,300社 オフィスビルやショッピングセンターなどに約5,300社のテナントが入居。

不動産売買仲介取扱い件数40,685件 2017年で、32年連続全国売買仲介取扱件数No.1。

売上高約1兆7,511億円 2018年3月期のグループ売上高は約1兆7,511億円。

グループ総資産約6兆3,012億円 グループの総資産は、2018年3月時点で6兆3,012億円を超えています。

呉服店「越後屋」創業 1673年創業 創始者・三井高利が、1673年に三井グループの基礎をつくりました。

三井不動産設立 1941年設立 1941年に、三井合名会社不動産部門から分離され、三井不動産が設立。

数字でみる三井不動産

  • グループ企業数 313社
  • グループ従業員 18,625名
  • オフィス商業施設の貸付面積 502万㎡
  • 住宅分譲戸数 4,208戸
  • オフィス・商業施設の入居テナント数 約5,300社
  • 不動産売買仲介取扱い件数 40,658件
  • 売上高 約1兆7,511億円
  • グループ総資産 約6兆3,012億円
  • 呉服店「越後屋」創業 1673年創業
  • 三井不動産設立 1941年設立

ページの先頭へ