ニューノーマル時代に求められる くらしのサービスニーズ調査を実施
~「時短」に加え「体験」ニーズが増加・プライベートや仕事といった空間の境界線がフレキシブルに~
ますます多様化するくらしに寄り添うサービスを強化

三井不動産レジデンシャルは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響による急激なライフスタイルの変化を受けて、くらしのサービスにおけるニーズの変容を把握するために、居住者の方に向けて実態調査を実施いたしました。

詳細は、ニュースレター(PDF:1.63MB)をご覧ください。