History

文化・経済・商業の発信地として栄えた江戸時代の
賑わいを取り戻すためにスタートした「日本橋再生計画」。
その歴史をご紹介します。

江戸時代、日本橋は五街道の起点・水陸の要所として
日本全国からあらゆる人・もの・ことが集まる「日本の中心」でした。
1673年には、三井高利が江戸日本橋に呉服店「越後屋」を創業。
1909年には、三井不動産の起源となる「三井合名会社」が設立され、
1914年、三井合名会社不動産課が発足。
1941年7月15日に三井合名会社の不動産課が
「三井不動産株式会社」として独立しました。

2004

日本橋再生計画第1ステージ

  • 2004年1月
    「日本橋一丁目ビルディング」竣工
    2004年3月
    「COREDO日本橋」開業
  • 2005年7月
    「日本橋三井タワー」竣工
  • 2005年10月
    「越後屋ステーション」開業

    江戸時代の「越後屋呉服店」の外観を再現した日本橋の街の魅力の情報発信拠点。
    ※2005年10月~2006年3月の暫定施設で、現在はありません。

  • 2006年12月
    文化情報発信拠点「室町 福徳塾」開業

    「福徳神社」を施設のシンボルとした日本橋の文化の情報発信拠点。
    ※2006年12月~2009年12月の暫定施設で、現在はありません。

  • 2010年10月
    「室町東三井ビルディング」竣工
    2010年10月
    「COREDO室町1」開業
  • 2013年1月
    「日本橋アステラス三井ビルディング」竣工

2014

日本橋再生計画第2ステージ

  • 2014年2月
    「室町古河三井ビルディング」・
    「室町ちばぎん三井ビルディング」竣工
    2014年3月
    「COREDO室町2」・「COREDO室町3」開業
  • 2014年10月
    「福徳神社」竣工
  • 2016年9月
    「福徳の森」完成
  • 2018年6月
    「日本橋高島屋三井ビルディング」竣工
  • 2018年6月
    「OVOL日本橋ビル」竣工

2019

  • 2019年3月
    「日本橋室町三井タワー」竣工
    2019年9月
    「COREDO室町テラス」開業

日本橋再生計画第3ステージ始動