History


埋立地として誕生した豊洲エリアは、
水運に恵まれた立地をいかし、さまざまな産業が発達。
1980年代以前は工業地帯として発展を続けましたが、
その後、工場が移転。再開発がスタートし、
先進都市へと進化していきました。

1590年、江東区は低湿地で、海上には浮州や島しょが点々としている程度でした。
江戸時代初期に江東方面の埋め立てが始まり1657年の明暦の大火以降に市街化が進みました。

隅田川や運河の水運に恵まれた立地をいかし産業が発達。
現在の東陽、木場、塩浜、古石場等、越中島の一部ができました。

埋め立てが進み、昭和12年(1937)に今の豊洲1~5丁目の姿に。
昭和14年(1939)には石川島造船所の工場が完成。
戦後はエネルギー基地として、日本の高度経済成長を支えました。

  • 昭和7年(1932)の豊洲

  • 豊洲電力埠頭

  • 石川島播磨重工業造船所
    (高度成長期時代)

写真提供:東京都港湾振興協会

1990年代~

1992年7月
豊洲ONビル竣工
1992年10月
豊洲センタービル竣工

2000年代~

2004年9月
NBF豊洲キャナルフロント竣工
2006年3月
豊洲2・3丁目地区街びらき
2006年8月
豊洲センタービル アネックス竣工
2006年10月
アーバンドック ららぽーと豊洲開業
2007年9月
NBF豊洲ガーデンフロント竣工
2008年2月
アーバンドック パークシティ豊洲竣工
2008年3月
パークアクシス豊洲竣工
2009年2月
THE TOYOSU TOWER竣工

2010年以降

2013年10月
パークタワー豊洲竣工
2014年9月
SKYZ TOWER & GARDEN竣工
2015年11月
パークアクシス豊洲キャナル竣工
2016年7月
BAYZ TOWER & GARDEN竣工
2016年11月
パークホームズ豊洲ザレジデンス竣工
2017年5月
ワークスタイリング豊洲開業
2017年6月
すまラボ開設
2019年2月
パークタワー晴海竣工
2020年1月
江戸前場下町開業
2020年4月
豊洲ベイサイドクロス グランドオープン(予定)

※画像はイメージです。